壁紙をウサギに噛まれて、自分で修復してみました

私はウサギを飼っています。ウサギは、色んなものをかじる習性があるようです。家の中の様々な物を噛まれてしまいました。例えば、リモコン・書類・壁がみなどです。 築年数が浅いために、壁紙を噛まれた時は、正直、ショックを受けました。その噛まれた壁紙の損傷部位は、2センチメートル×3センチメートル程度の大きさでした。業者にお願いするか自分で修復するか悩んだ末に、自分で修復することにしました。 幸いにして、幾つかの種類の壁紙を業者さんからもらっていましたので、その壁紙を使用して、壁紙専用のノリを使用して、3センチメートル×4センチメートルの壁紙を貼り付けてみました。貼り付けた壁紙をヘラで押し付けるようにして空気を抜きました。流石に近くで凝視すると修復部分が分かりますが、遠くから見ている状況では修復していることを確認することはできません。 壁紙の損傷部位が比較的小さい場合には、自分で補修しても、それほど目立たない程度に修復することが可能であることが分かりました。 このような壁紙の損傷が発生した場合には、自分で修復するのも一つの手段と思います。

PR|クロス張替方法はスマシアへ|