カーテンを綺麗にして、部屋を明るく

カーテンは窓の近くで、室内外の空気がよく通る場所にあります。そのためホコリの付着や臭いが染み付きやすいです。カーテンの汚れで部屋の明るさが変わるともいわれていますので、日ごろから掃除機のブラシでホコリを吸い取りましょう。

そして、年に2,3回は洗濯をすると良いです。
それでは、カーテンはどのように洗濯をすればよいのでしょうか。
まずは、カーテンからフックを外します。そのまま洗濯すると、生地が引っかかり、傷みの原因になります。

タグの洗濯絵表示をチェックします。洗濯機の使用はできるか、水洗いはできるかなどを確認します。洗濯機のマークに✕がついていると、洗濯機は使用できません。その場合は、お風呂場や大きなタライで手洗いしましょう。

洗剤は中性とかかれているときはおしゃれ着用洗剤で洗います。特に記載がなければ、通称の合成洗剤でOKです。柔軟剤を使用することで、静電気防止効果で花粉やホコリの付着を防ぎます。シミがあるときは、酸素系漂白剤をつけます。

洗濯機に入れる際は、屏風状に折りたたんで洗濯ネットに入れます。たたむことで洗濯液が行き渡りやすく、シワにもなりにくくなります。

シワを防ぐため、脱水は1分以内の短時間で行います。乾燥機は使わず、カーテンレールに吊るし、自然乾燥します。また、カーテンレールや窓にホコリや汚れが付いていると意味がないので、綺麗にしておきます。

カーテンは大きく、重たいので洗濯は大変ですが、部屋を綺麗に見せるためにも行いましょう。部屋の空気も綺麗になったような気分になりますよ。

PR|http://smacia.co.jp/smacia/feature/support/